都立雪谷高校合格のための受験対策とは?

都立雪谷 受験対策

都立雪谷高校合格をめざして、受験勉強をがんばっているあなたへ

いつも勉強、ごくろうさまです。

このページでは、青物横丁にある学習塾塾長がこれまでの指導経験から、都立雪谷高校合格のためのヒントをまとめてみました。

早速ですが、あなたに質問です。

今のあなたは、以下のどれかに当てはまりますか?(複数に当てはまっても構いません)

  • 都立雪谷に行きたいけれど、まだ合格できるだけの学力に届いていない…
  • 自分なりに勉強はやっているけど、思ったほど学力が伸びない…
  • もうちょっとがんばれば、点数が伸びるはずだからがんばろうと思う…

どれにも当てはまらなければ、ここから先はお読みいただかなくても結構です。

そのまま、受験勉強をつづけてください。

しかし、どれかひとつでも当てはまっているなら、ぜひ、2、3分ほど時間を取っていただいて、これからお伝えすることを読んでみてください。

読むだけでも、都立雪谷合格のためのヒントをつかんでいただけると思います。

成績が伸び悩む大きな原因とは?

都立雪谷を志望される方であれば、基礎的な学力をお持ちであることは間違いありません。

そこは、自信を持ってもらっていいと思うんですね。

しかし、そのうえで合格に必要な成績に届いていないとしたら、もう一度、基礎を見直してみてください。

基礎的な問題を、100%確実に解けることをめざしてください。

都立雪谷レベルの学校をめざしている方で、成績が伸び悩む大きな原因のひとつは基礎が6〜8割ぐらいの理解度であることです。

そして、6〜8割ぐらいの理解度の段階で、応用問題をやろうとされているんですね。

正しい受験勉強の順序としては、基礎を100%にしたうえで応用問題に取り組むべきです。

少し厳しい言い方をしますと、基礎6〜8割の理解度の生徒さんは肝心なところでミスをする傾向があります。

また、以前、正解できた問題を2回目に間違えたりすることもあります。

言い換えるなら、前回の解答のときには“たまたま正解だった”ということが考えられます。

さらには、基礎6〜8割の理解度であれば「数学が得意」とご本人が思われていても、くわしく見れば得意で点数が取れる分野と苦手な分野があったりします。

それに対し、つねに安定して点数が取れる生徒は、基礎的な問題であればどんな分野も、また何度同じような問題が出てもきちんと正解することができます。

これが、基礎が身についている状態です。

そしてそのような生徒は、仮に受験当日に風邪をひこうが、緊張しようがきちんと問題を正解することができます。

都立雪谷レベルは、苦手を見つけるのが難しい…

まずは、基礎的な問題でどこが苦手か?何ができていないか?をしっかりと見つけましょう。

そして、それを「なぜ、間違えてしまうのか?」、「どうやれば正解できるようになるのか?」を考えながら勉強してください。

さらには、何度同じような問題が出ても正解できるようにしましょう。

ただやみくもに問題を解いていても、苦手は克服できません。

また、同じ問題が出てきたときに間違ってしまいかねません。

「どうやれば正解になるのか?」を理解することが大切です。

ただ、都立雪谷レベルの高校を志望される生徒さんは、苦手箇所を見つけるのが難しい傾向があります。

なぜなら、学力が高いがゆえにだいたいの問題に正解できるため、苦手箇所を見つけるのに時間がかかってしまうからです。

そのため、苦手箇所を見つけることがムダに思えてくるんですね。

そして、基礎は“わかったつもり”になって、応用問題をやろうとしてしまわれるんです。

これが、成績が伸び悩むメカニズムです。

効率的に基礎を見直すとっておきの方法

それは、ズバリ「中1の問題から取り組み直す」ことです。

「とっておきじゃねーじゃん!」って思いましたか?

いいえ、この方法がもっとも早く苦手箇所を見つける方法なんです。

苦手箇所を見つけようとするとき、多くの方が現在の学習内容から過去にさかのぼって行こうとされます。

しかし、それは結果的に時間がかかったり、苦手克服ができない傾向があります。

例えば、英語・数学などは積み重ねの学問なので、どこかの単元でつまずいたら、それ以降の問題は解けなくなって行きます。

そして、つまずきを放っておくほどに、どんどん問題がわからなくなって行ってしまうんですね。

逆の見方をすれば、現在から過去にさかのぼろうとすると、ずっとわからない状態がつづくことになります。

そうしますと、スムーズにさかのぼって行くことができず、とても時間がかかります。

何より、わからない勉強をつづけることは苦痛ですし、つづけられないですよね。

それに対し、一見ムダのように思える中1からの見直しであれば、問題が簡単なためサクサクと解答して行くことができます。

そして、素早くこなせますので、思っているほど時間はかからないんですね。

そうして行くうちに、解けない、苦手な箇所が現れるんです。

そこが、つまずいた大元の原因なんですね。

ですので、大元の原因が克服できれば、その先の単元の問題も解けるようになってきます。

不思議なくらい、今まで解けなかった問題がどんどん解けるようになって行くんですね。

つぎのテストでドンっと高得点!

ここまで、効率的に基礎を見直す方法をお伝えしました。

しかし正直なところ、どんなに効果的・効率的な勉強法をご紹介したとしても、基礎の見直しは、そもそも単調でおもしろいものではありません。

野球に例えるなら、正しい動作を意識しながら毎日毎日素振りだけをつづけているような状態です。

それは、やっぱりつまんないですよね。

だけど、つまんないって思っても、もう少し待ってください。

つまんないと感じはじめたところから、もうちょっとがんばってみてください。

私たちの長年の観察では、つまんない勉強をやりつづけた生徒は、その後に受けたテストでドンっと点数が伸びるんですね(もちろん、個人差はあります)。

このとき、本当の意味で「こうやれば正解できるんだ」という確信を持つことができるようになります。


写真はイメージです

ちなみに、当塾で基礎を見直して一気に成績アップした生徒もいます。

例えば、Aくん(中2)は入塾時点で5教科の点数が平均点前後で、成績は3前後の生徒でしたが、基礎を見直す勉強(週3回の授業)を行った結果、3ヶ月後のテストで平均点プラス20点を取ることができました。

個人の学力や勉強回数、期間などによって成果には個人差があります

あとひと伸びのために、合格できる勉強をしよう!

もちろん、都立雪谷を志望するくらいの学力がすでにあるということは、これまでの努力の成果です。

ですので、今までの勉強のやり方が悪いわけではありません。

それどころか、今までそのやり方でがんばって来られたからこそ、ここまでの成績を取ることができたと思います。

ですが、都立雪谷合格のためにあとひと伸びをするためには、これまでの勉強法では十分ではないのかもしれません。

そして、今、あなたに必要なのは「都立雪谷に合格できる勉強をする」ということではないでしょうか?

それは、具体的には(くり返しになりますが)基礎を100%にすることです。

基礎を見つけることは、簡単ではないかもしれません。

けれど、それが都立雪谷高校合格に大きく前進する勉強法であることをお約束します。

一生モノの“勉強のやり方”を身につけよう

都立雪谷は、みんなが行きたがる人気の高校です。

名前もかわいいので、とりわけ女子に人気ですね。

そして、わりと努力家の生徒たちが集まってくる学校だという印象があります。

また、高校は同じくらいの学力の生徒たちが集まってきます。

ですので、その中で勉強ができる生徒は、個人で努力して勉強していたり、塾に通っている生徒で占められるケースが多いように感じます。

さらには、大学に進学する生徒もいるでしょう。

このように、高校に入っても学校の授業にしっかりとついて行けたり、志望する大学に進学できるためには“こうやれば成績が伸びる”という「勉強のやり方」を身につけることが大切です。

そして、私たちの観察では、中学時代に勉強のやり方を身につけられるかどうかが、今後の進路に影響をおよぼしています。

「正しい勉強のやり方」を身につければ、それは一生モノのスキルになります。

中学時代にそれを身につけられたら、高校生になっても大学生になっても大人になっても、さらには何を学ぶにしてもそのやり方が通用します。

効果的・効率的に成績を伸ばすことができたり、高い成果を出すことができるはずです。

だから受験勉強を、単に高校に合格するためだけにするんじゃなくて、一生モノのスキルを身につけていると思って、勉強してもらいたいなと思います。

そしてあなたが、見事、都立雪谷に合格されることを陰ながら応援しています。

最後までお読みくださって、感謝しています。

ありがとうございました。

この記事を書いた人

塾長:佐々木 和寛(ささき かずひろ)
島根県出身
出身校:Troy University MS International Relations(アメリカ合衆国)

中学時代は、鳴かず飛ばずの成績だった。高校に入学してすぐの成績も、クラスで最下位。2年生へ進級する時点で“勉強ができないクラス”に落とされてしまい、大きなショックを受ける。しかし、そこから一念発起して勉強し、3ヶ月で成績トップになる。

このとき、当時、通っていた学習塾講師がとても魅力的で個性的で、それでいて勉強をめちゃくちゃ楽しく教えてくれた経験から「同じ科目なのに教える人が違うだけで、なぜこんなに楽しいんだ!」と感じる。

同時に、講師の先生が塾講師の仕事を心から楽しんでいるように感じたことから「塾の先生って、自分らしくいられて、それでいて感謝される仕事なんだなぁ」と塾講師に憧れを抱いた。そして、自身も某学習塾で講師として働くようになり、責任者も歴任する。

また、22歳のときには、留学英語の第一人者、村川久子氏より英語力育成法を学ぶ。正しい勉強法を知らなかったことで勉強に苦労した経験を持つことから、最小の努力で最大の効果が上げられる指導法を導き出す。それによって「世界ランキング50位以上の大学」に卒業生を多数輩出。

そうした経験を経て「もっと自分らしい学習塾を作りたい」という想いから、2009年に個別指導学習塾プレミアム・カレッジを創立。現在まで、400名を超える生徒の成績アップ、志望校合格をサポートしてきた。

さらには、東京大学・京都大学・大阪大学・名古屋大学・九州大学などの国立大学や、早稲田大学・慶応義塾大学・上智大学・MARCH・関関同立など有名大学の学生、さらには医師や弁護士などの専門職者、外務省職員、全国の小・中・高の先生にも英語指導を行っている。

ミッション「世界で活躍する日本人を輩出する」

ちなみに、お菓子が大好き(ケーキを食べる時は、最高の笑顔に変わります♪)。

追伸:一緒に基礎を見直して合格をめざしませんか?

  • 自分で、苦手箇所を見つけるのは難しい…
  • どうやって勉強すれば、苦手が克服できるかがわからない…
  • 中学のうちに、正しい勉強のやり方を身につけたい!

もし、そのように感じていらっしゃるなら、私たちと一緒に勉強しませんか?

青物横丁駅から徒歩3分のところにあります、個別指導学習塾プレミアム・カレッジではつねに生徒ひとりひとりの学力をデータ化(下図)し、それに基づいて最適な授業を提供しています。

プロの目で、あなたの苦手箇所を瞬時に見つけます。

そして、苦手克服のための勉強をします。

まずは、無料体験授業を試してみませんか?

当塾で勉強することで、本当に都立雪谷に合格できるのかどうか?を確かめに来てください。

当塾および体験授業について、もっとくわしく知りたい方はこちらをクリックしてご覧ください⇒

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました